極秘貨物での稼ぎ方[GTA5]

Grand Theft Auto 5

この記事ではGTA5のオンラインで購入可能な物件、CEOのオフィスから実行可能な極秘貨物での稼ぎ方を紹介します。


極秘貨物は、簡単に言えば倉庫に貨物を溜め込んでまとめて売却するほど多くの報酬がもらえるというものです。

まずは各ミッションの概要を説明し、最後におすすめの倉庫とその活用方法を説明するので順番にご確認ください。


※現在の環境では「公開セッション」ではなく「招待限定のセッション」ですべてのミッションが可能なので、効率と確実性を求める場合は必ず「招待限定のセッション」で実行してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

物品類輸出

物品類輸出はオフィスのアシスタントから受注する

この記事を書くきっかけになった、と言っても過言ではないのがこの「物品類輸出」です。
(2022年7月26日の「犯罪事業アップデート」で新たに追加されたミッション)


「物品類輸出」は本筋の「極秘貨物」からスピンオフされたようなミニミッションとして独立していて、とても簡単に稼ぐことができるので個人的には1番優先度が高いと思っています。


このミッションの稼ぎ効率をざっくりまとめると以下のような感じになります。

報酬5万ドル固定 減額なし
所要時間約5分
クールダウンタイムリアル48分間
難易度超簡単
※初回報酬のみ3倍の15万ドルになります。

見てのとおりサクッとそれなりの報酬を稼げるので、極秘貨物ビジネス自体に興味はなくてもこの「物品類輸出」だけはやってみるのをおすすめします。


では、なぜこのような判断になったのかを順番に説明していきます。

実行開始条件

「物品類輸出」はオフィスのアシスタントから受注可能なミッションで、自分の所有する倉庫内で働くスタッフに最低1回「極秘貨物調達」を依頼すると実行可能になります。

※この極秘貨物調達については後述します。


つまり最低でも1つの極秘貨物用倉庫の購入が必要になるということです。

ただし、倉庫の大きさは報酬額には無関係で小型倉庫なら数十万ドルの費用で始められるので、倉庫代を取り返したあとは「物品類輸出」が利益を生み続けるミッションになるということです。


ちなみにスタッフに依頼する「極秘貨物調達」は”1回でも依頼したことがあれば”OKなので、ミッションのたびに依頼し直したりする必要はなく、直近で極秘貨物を調達したかどうか等も一切関係ありません。

手順

物品類輸出はオフィスからスタート
オフィスからは乗り物(ヘリ)で出ることで時短可能

オフィスでミッション受注→自分の所有する倉庫でトラック(積載車)に乗る→南東にある埠頭ふとうに行く

たったこれだけで確実に5万ドル稼げるおいしいミッションです。

物品類輸出を開始すると、ルーペから電話がかかってくる
ランダムで選ばれた所有倉庫に向かう
所有倉庫についたらトラックに乗車して埠頭に向かう

トラックを回収する倉庫は自分の所有する倉庫の中からランダムで選ばれるため、仮に1つしか倉庫を持っていない場合は必ず同じ場所が選ばれます。

行き先は必ず南東の埠頭
埠頭の配達地点

トラックの行き先は必ず南東にある埠頭ふとうの同じ位置(オートショップのエキゾチック輸出と同一)です。

配達完了で5万ドルを獲得

以上のことからオフィスも倉庫も南東に近いほど移動距離が少なくなり、ミッションが簡単かつ早く完了できるようになります。

現状テラーバイトやアーケードのマスターコントロール端末からミッション開始をすることはできないので、オフィスの立地がより重要になったと私は感じています。

トラック配送中

トラックの配送中はランダムで敵NPCが追いかけてきたり手配度がついたりすることもありますが、無視できる程度の難易度になっています。

いずれのパターンの場合もNPCはほとんど追いかけてこないので、完全に無視して南東の埠頭にまっすぐ向かえば大丈夫です。


手配度がつくパターンの場合でも、トラックを埠頭に配送してから徒歩でコンテナの間に隠れたり、それでもダメならすぐ横の海に飛び込んで深く潜っていれば簡単に手配度を消すことができます。

※レスターの手配度消しは使えないので注意


自分でわざとトラックを爆破したり水没させたりしない限り、ミッション失敗になることはあり得ないくらい簡単だと思うので落ち着いて実行してみてください。

クールダウンタイム

物品類輸出のクールダウンはリアル48分間

トラックを配送した後はGTA内1日(リアル48分間)のクールダウンタイムが発生しますが、ゲームを終了している間もタイマーは進みます。

そのためGTAにログインしたら、まずは「物品類輸出」を実行してサクッと5万ドル稼ぐというルーティーンを加えてみることをおすすめします。

極秘貨物購入(自分で貨物を回収)

極秘貨物購入

「極秘貨物購入」いわゆる極秘貨物の調達ミッションについて説明します。


極秘貨物は後述する「極秘貨物売却」を成功させることで初めて収益を生み出すビジネスであり、そのための下準備の1つがこの「極秘貨物購入」です。

つまり貨物購入そのもので報酬を稼ぐことはできません。


極秘貨物購入は昔ながらの方法でとにかく手間がかかりますし、現在の環境であれば後述する倉庫スタッフへの貨物調達依頼を活用したほうがスマートです。

そのため個人的には「強盗には飽きたし、資金には余裕があるからとにかく歯ごたえのある別のことがしたい」という気分転換目的のプレイヤー以外にはおすすめしない方法です。

実行開始条件

すべての極秘貨物倉庫

極秘貨物用の倉庫を最低1つ所有すること。

倉庫はオフィスのPC(アーケードのマスターコントロール端末)から購入可能です。


「極秘貨物購入」はオフィスのPC(テラーバイト、アーケードのマスターコントロール端末)から実行可能です。

極秘貨物用の倉庫

倉庫には小型、中型、大型の3種類があり、貯めることのできる貨物量に差があります。

小型倉庫
中型倉庫
大型倉庫
大きさ貨物量上限襲撃が発生する貨物数
小型1612以上
中型4230以上
大型11178以上

極秘貨物はまとめて多く売るほど高い報酬がもらえる仕組みなので、原則として大型倉庫に貨物を貯め込んだほうが売却時に稼ぎやすくなります。

しかし倉庫の価格は小型で25万ドル~大型で最大350万ドルと、なかなかばかげた金額なので自分の資金と相談して決める必要があります。


倉庫の購入可能数は最大5箇所まで。

小型→小型、小型→中型、小型→大型などの倉庫の買い直しに制限はありませんが、中型→小型、大型→中型のように大きい倉庫から小さい倉庫に買い直すことは2度とできません。

倉庫の立地が気になる方は注意してください。

「襲撃」とは

倉庫にある貨物量が倉庫容量の70%を超えている状態で累計5時間が経過すると、倉庫が襲撃にあい防衛ミッションが発生します。


この防衛ミッションは、失敗すると倉庫内の貨物をすべて喪失するというかなりキツいものです。

そのためうまく対処する自信がない場合は、貯め込む貨物量を必ず襲撃発生のしきい値未満に抑えておくことをおすすめします。


襲撃までの累計5時間(タイマー)には以下の特徴があります。

  • タイマーが進むのはミッション等をプレイしていないフリーモード状態のとき
  • タイマーはCEO状態でなくても進むが、襲撃イベントが発生するのは自分がCEO状態のとき
  • タイマーは貨物調達ではリセットできず、貨物売却時にリセットされる
  • 襲撃を防衛(回避)するとタイマーがリセットされる



もし意図せず襲撃イベントを発生させてしまった場合は、下手に防衛にチャレンジするよりも即セッション移動してしまったほうが安全です。

正攻法ではありませんが、こうすることで防衛ミッションに対処した扱いになります。

※極秘貨物はセッション移動で問題ありませんが、MCビジネスで同様にセッション移動すると防衛失敗扱いになるので真似しないようにしてください。


今後、極秘貨物についても仕様変更される可能性もあるのでとにかく襲撃自体を発生させないほうが無難です。

手順

オフィスのPCにアクセスする
左の極秘貨物を選択する
貨物を購入する倉庫を選択する

オフィスのPC(テラーバイト、アーケードのマスターコントロール端末)から、所有している倉庫を選択して「極秘貨物購入」を実行→貨物の回収場所へ行く→貨物を回収して倉庫に配達する


ミッション自体のパターンはかなり多くの種類が用意されていて、基本的に他のミッションと比べると難易度が高く面倒なものが多いです。


ミッションの制限時間は15分間固定となっており、時間以内に配達完了できなかった分は後述の手数料がそのまま損失になります。

また、貨物自体をミサイルなどで撃つと破壊されてしまうので敵NPCの処理方法にも注意が必要です。


なお貨物の種類(名前)は雰囲気づくりであり、特に違いはありません。

手数料

極秘貨物購入にかかる費用

貨物を回収するためにはまず手数料を払う必要があり、費用は以下のとおりです。

購入貨物数手数料1貨物あたりの手数料
12,0002,000
28,0004,000
318,0006,000

なぜまとめ買いするほど損する仕組みなんだ…と感じるところなのですが、この金額の理由は3個の貨物を1回で回収することができるミッションのパターンだった場合に時間効率が高くなるからです。

逆に言うと貨物は1人あたり1個ずつしか持ち運べないパターンが多く存在するため、貨物の回収場所と倉庫間の距離を3往復させられる可能性も多々あります。

それに高い手数料を払ったからといって、売却時に報酬が高くなるようなこともありません。


そのため資金に余裕があって薄利多売になっても良いからとにかく貨物数を増やしたいという場合は毎回3個ごとの購入で良いと思います。

しかし現在の環境であれば他にも稼ぐ方法はいくらでもあるので、1個だけの購入を気分転換として実行するくらいにして、メインは他のことで稼いだほうが時間的にも効率が良いのではと思います。

ごくまれにアシスタントが電話で希少品の入荷を知らせてくることがあります。

希少品は通常の貨物に比べて購入時の価格が高いですが、そのぶん売却時の価格も特別に高いので、アシスタントから連絡があった場合は速やかにオフィスのPCから回収に向かいましょう。

種類購入額売却額
フィルムリール19,00095,000
絶滅危惧種の皮革21,000105,000
黄金のミニガン23,000115,000
卵の装飾品25,000125,000
巨大なダイヤモンド27,000135,000
珍しい懐中時計30,000150,000



なお希少品と通常の貨物は一緒に売却することができないので、希少品だけを売却するという一手間が増えます。

1倉庫内に同種の希少品が2個以上回収できることはなく、複数種類の希少品同士をまとめて売却することは可能ですが、売却額は固定で増額することはないのですぐに売却してしまって大丈夫です。

クールダウンタイム

極秘貨物購入は所有している倉庫を選択して実行するわけですが、ミッション完了後は該当倉庫にリアル5分間のクールダウンタイムが発生します。


昔はこのクールダウンを回避して貨物を集め続けるために、最低でも2つの倉庫を所有していたほうが良いと言われていました。

現在の環境であれば他にもできるミッションが多くあるので、そこまで気にすることではないですね。

極秘貨物調達(倉庫スタッフへの依頼)

各倉庫内のスタッフに極秘貨物調達を依頼する

”倉庫スタッフへの「極秘貨物調達」依頼”は、「物品類輸出」と同様に犯罪事業アップデートで実装された新機能です。


「極秘貨物調達」は簡単に言うと、極秘貨物用の各倉庫のスタッフに手数料を払って貨物を回収してきてもらうというものです。

倉庫に貨物を貯めていくという点では「極秘貨物購入」と同様ですが、こちらは自分で貨物を回収しに行かなくて良いのでかかる手間が最小限で済みます。


定期的に倉庫を訪問するだけで貯金するように貨物を増やしていけるので、とてもおすすめの機能です。

実行開始条件

極秘貨物用の倉庫を最低1つ所有すること。

倉庫はオフィスのPC(アーケードのマスターコントロール端末)から購入可能です。


現状「極秘貨物調達」はオフィスのPC(テラーバイト、アーケードのマスターコントロール端末)などから実行することはできません。

必ず各倉庫を自分の足で訪問して、個別にスタッフに依頼をする必要があります。

手順

自分の所有する各倉庫に訪問し、スタッフに話かけて「極秘貨物調達」を依頼する


たったこれだけで、リアル48分間後にスタッフが貨物を回収して倉庫に並べておいてくれます。

48分間はGTAを起動していなくてもカウントされます。

手数料

倉庫スタッフに極秘貨物調達を依頼する場合は、回収する貨物数を指定することができず毎回ランダムで個数が決定されます。

ただし手数料は先払いで変動しないので、運良く貨物が3個回収された場合はかなりお得です。

貨物数手数料1貨物あたりの手数料
17,5007,500
27,5003,750
37,5002,500

ほとんどの場合は回収貨物が1個になることが多いのですが、まれに希少品を回収してくることもあるので優秀です。

※スタッフが回収してきた希少品は、通常の貨物を売却する前に売却しておかないと消失するバグがあった気がするので希少品があったら先に売却してしまったほうが良いかもしれません。


GTAをプレイ中に回収が完了した場合は、画面左下に通知が表示されます。

クールダウンタイム

クールダウンタイムは、スタッフが貨物を回収して帰ってくるのと同じタイミングのリアル48分間です。

48分間はGTAを起動していなくてもカウントされます。


クールダウン終了が同じタイミングになる「物品類輸出」が終わったら、ついでにスタッフへの極秘貨物調達依頼を実行するという流れがおすすめです。

極秘貨物売却

極秘貨物ビジネスおいて大きく稼ぐためには、一番大事なのがこの売却です。


売却ミッションは稼ぎを最大化するために知っておくべきことがいくつかあります。

逆に、横着をすると膨大な時間と費用をかけて集めた貨物たちを一瞬にしてすべて失いかねないので特に注意する必要もあります。

実行開始条件

倉庫内に貨物が1つ以上あること。

手順

各倉庫内のノートPCにアクセスする
売却する貨物数を選択する

各倉庫内のPCから売却する貨物の個数を選択して売却ミッションを開始する→売却用の乗り物がある場所へ移動→指定された場所に売却用の乗り物で配達しにいく


売却する貨物の個数は、倉庫内の貨物量のすべて、50%、20%の3つから選択することができます。

ただし、50%と20%については小数第一位を四捨五入した貨物数になります。

倉庫内の貨物すべて50%20%
95 (4.5)2 (1.8)
105 (5.0)2 (2.0)
116 (5.5)2 (2.2)
売却時の貨物数の例

貨物数と売却額の関係一覧表

極秘貨物の売却は、前述のとおり多くの貨物をまとめて売却するほど報酬が高くなります。

理由は、一度に売却する貨物数が一定の個数を超えるごとに売却時の貨物単価が割増になるからです。

貨物数売却額貨物単価乗り物数襲撃倉庫上限
110,00010,0001
222,00011,0001
336,00012,0001
4 – 552,000 – 65,00013,0001
6 – 781,000 – 94,50013,5001
8 – 9112,500 – 126,00014,0001
10 – 14145,000 – 203,00014,5001 – 2小型12個以上
15 – 19225,000 – 285,00015,0001 – 2小型16個まで
20 – 24310,000 – 341,00015,5001 – 2
25 – 29400,000 – 464,00016,0001 – 2
30 – 34495,000 – 561,00016,5001 – 3中型30個以上
35 – 39595,000 – 663,00017,0001 – 3
40 – 44700,000 – 770,00017,5001 – 3中型42個まで
45 – 49798,000 – 869,75017,7501 – 3
50 – 59900,000 – 1,062,00018,0001 – 3
60 – 691,095,000 – 1,259,25018,2501 – 3
70 – 791,295,000 – 1,461,50018,5001 – 3大型78個以上
80 – 891,500,000 – 1,668,75018,7501 – 3
90 – 991,710,000 – 1,881,00019,0001 – 3
100 – 1101,950,000 – 2,145,00019,5001 – 3
1112,222,00020,0001 – 3大型111個まで

売却時のリスク

では売却時の貨物数は多いほど良いかと言うと、そうとは言い切れません。


そもそも極秘貨物の売却ミッションは他のミッションとくらべて失敗時のリスクが非常に高く厳しいもので、たとえば以下のような仕様があります。

制限時間以内に全地点への配達完了ができなかった場合、報酬はゼロ。

配達完了した乗り物の貨物→倉庫に戻る
爆破してしまった乗り物の貨物→すべて喪失
配達完了できなかったが残った乗り物の貨物→未確認

返却または喪失される貨物数の扱いはあくまで乗り物単位で、配達完了数は無関係。
たとえば1台目を配達完了後、2台目を4/5配達完了したが爆破してしまった場合
報酬はゼロ、1台目の貨物は倉庫に戻る、2台目の貨物はすべて喪失



失敗時のリスクを考えると多くの貨物をまとめて売却するとはいっても、慣れないうちは必要最低限の乗り物数で速やかに確実に売却を完了させたほうが良いです。

具体的に言うと、倉庫の大きさに関わらず売却時の貨物数を極力8~9個までに留めて必ず乗り物1台での配達で済むようにして練習するということです。


感覚がつかめてきたら今度は

  • 配達時の乗り物台数
  • 襲撃発生の貨物数
  • 貨物単価の上昇

を複合的に考えて、

倉庫売却貨物数
小型8~9個
中型25~29個
大型70~77個

を目安に売却していくのが無駄がないと思います。

売却時の乗り物

そしてここで「車両」ではなく、「乗り物」という言葉を使っている点がこの極秘貨物売却をハイリスクにしている一番の理由です。


極秘貨物の売却時にはランダムで以下の乗り物での配達が要求されます。

乗り物台数特徴
ブリッケード最大3台ごく普通のトラック
タグボート必ず1台超鈍足のボート
キューバン800最大3台武装を持たない小型飛行機
タイタン必ず1台超鈍足で武装を持たない大型航空機

ブリッケードとタグボート

まずブリッケードとタグボートでの売却については、貨物数が多くても自分で乗り物を爆破したりしない限り指示通りに行動するだけで失敗することはないと思います。

いわゆる当たりパターンであり、多少の敵NPCが出現したりしますが大したことはありません。

キューバン800とタイタンの問題

問題は、キューバン800とタイタンでの売却パターンです。

まずキューバン800とタイタンの売却ミッションの間で違うのは機体の大きさと機動性だけで、ミッションのパターンとして要求される条件は同じです。


キューバン800ではなくタイタンでの売却になるのは貨物数が40個以上の場合という説もありますが、具体的な数字は不明です。

キューバン800の場合の台数は恐らく売却する貨物数によって変動するのですが、1台あたりの配達地点は基本的に5箇所、10箇所のいずれかで台数が1台のみだったり2台になったりします。

タイタンの場合は確定で1台のみです。


いずれも航空機ということで、ただ指定の場所を回って配達をするだけのパターンであっても飛行時に少しでもミスをすると航空機ごと爆破され搭載していた貨物をすべて失い報酬はゼロとなります。


そして、航空機での売却ではその他にも問題が山積みです。

致命的なバグ

まずゲーム性以前の大問題として、貨物の配達時に機体が傾いていると正常に配達できず進行不能になるという致命的なバグが残ったままで修正される見込みもありません。

※少なくとも3年以上前から放置されています。


プレイヤーはとにかく気をつけて機体を水平にまっすぐの状態で配達をするしかないのですが、馬鹿げた話です。

このバグが発生すると途中まで配達がうまくいっていてもそれまでの苦労は無駄になり、全地点への配達ができないので報酬はゼロですし飛行中に事故れば貨物を失います。


そして問題はバグだけではありません。

低空飛行

警察のレーダーに検知されないように「低空飛行で極秘貨物を受け渡し地点に届けろ」というパターン。

売却用の航空機に乗り込んだ時点でこの条件が判明します。


この売却パターンでは、信じられないくらい地面とスレスレの低空飛行を続けて配達地点を回らないといけません。

もし低空飛行の高度を超えて一定時間が経過すると、手配度がついてしまい配達地点がマップから消えるので警察をまくまでは次の配達ができなくなります。


キューバン800ですらかなり恐怖を感じるレベルのスレスレ加減なので、タイタンのように巨大で鈍足な航空機でこれを実行するのは指南のわざです。

電柱や木などに引っかかった場合、航空機は爆破され報酬はゼロです。


このパターンを真面目にやる場合は、夜は本当に視界が悪くて電柱に衝突しがちなので絶対に日中を選んで実行したほうが良いです。

ハザード2機とワルキューレからの襲撃

次に危険なのがこのバザードとワルキューレが襲撃してくるパターンです。

このパターンは各配達地点を目視しないと判別できません。

何も起きない通常の配達かと思いきや配達地点の途中から急に敵ヘリが襲撃してくるもので、機体に直接ダメージを与えてくるのでかなり危険です。


ハザードは攻撃頻度の少ないマシンガンなので意外と大丈夫だなと思っていると、次に待ち構えるワルキューレがミニガンで鬼連射していきます。

キューバン800であればワルキューレと極力距離を取るように飛行していれば回避できなくもないのですが、鈍足なタイタンであれば数秒で撃破されるでしょう。


このパターンを真面目にやる場合は、売却用の航空機に一度乗り込んだらすべての配達地点をハザード攻撃ヘリなどで偵察して敵ヘリが飛行していれば先に撃破しておくと安全です。

ただし全配達地点を余計に1周することになるので、時間がかかりとても面倒です。

配達地点での待ち伏せ

配達地点に到着すると、大量の敵NPCが待ち伏せしており攻撃してくるがその付近に着陸しないといけないというパターンです。

売却用の航空機に乗り込んだ時点で配達地点が1つしか表示されないのですぐに判別できます。


このパターンを真面目にやる場合は、売却用の航空機を砂漠の飛行場など安全な場所にいったん着陸させ、別途ハザード攻撃ヘリなどで配達地点の敵NPCを全部処理してから、売却用の航空機に戻って配達を完了させましょう。

配達地点は平坦な地面ではなく、デコボコだったり狭かったりするので着陸はかなり慎重にする必要があります。


無理やり配達地点に突っ込んでしまうと減速中に運転席を撃ち抜かれて制御不能になったり、機体への集中砲火で爆破されるリスクがあります。

進入禁止区域

途中までは通常どおり配達するが、最後の配達地点が進入禁止区域となっていて配達完了後に手配度がつくというパターンです。

売却用の航空機に乗り込んだ時点で配達箇所が4箇所だったり9箇所だったりと1つ少ないので判別できます。


手配度についてはスマホからレスターに連絡する手配度消しが使えるので、かなり簡単な部類です。

何も起こらないパターン

単純に売却用の航空機で指定の配達地点をすべてまわるだけ、というパターンも一応存在します。

売却用の乗り物は自分で選択すべき

前述のとおり、極秘貨物売却時の乗り物は売却開始時にランダムで選択されます。

しかし、非常にリスクが高く面倒なキューバン800やタイタンでの配達はできればやりたくないですよね。


であれば、売却開始時に航空機に乗ることを要求されたら即セッション移動をしてしまいましょう。

ペナルティとして売却時の貨物数に応じて最大3個の貨物を失うことになりますが、その他の倉庫内の貨物はすべて無事です。


これを利用してブリッケードかタグボートでの売却が出るまでリセットしたほうが、手間の面でも確実性の面でも圧倒的に楽になります。

キューバン800やタイタンでの売却はミッションのバラエティとして1回挑戦してみるのは悪くありませんが、航空機での売却は非効率でリスクが高いだけなのでおすすめしません。

乗り物のアップグレード

倉庫内にある赤いツールボックス
配達用の乗り物のアップグレードが可能

売却用の乗り物は自分の所有する倉庫の中でアップグレードすることができます。

乗り物項目1項目1費用項目2項目2費用
トラック(ブリケード)装甲230,000防弾タイヤ95,000
飛行機(キューバン800、タイタン)装甲190,000ジャマー300,000
ボート(タグボート)装甲265,000スピード170,000

複数倉庫を所有している場合でも、乗り物は共有であり倉庫ごとにアップグレードし直す必要はありません。

とはいえ、すべて購入した場合は125万ドルの費用と大金です。

トラックの防弾タイヤ
ボートのスピード

資金が少ないうちに優先すべきは、トラックの防弾タイヤとボートのスピードです。

特にタグボートはスピードのアップグレードをしていてもめちゃくちゃ遅いので、スムーズな売却には必須です。


各乗り物の装甲についてはアップグレードしたとしても大差ないという説もあり、招待限定のセッションで売却ができる現環境では優先度は低めです。

飛行機のジャマーについては、公開セッションでの売却でもしない限り一番優先度が低いです。


すべてのアップグレードは買い切りで倉庫変更をしても買い直す必要はないので、いずれにしても資金に余裕ができたときにすべて購入すれば良いと思います。

おすすめの倉庫と活用方法

この記事で私が一番伝えたかったのがこの項目です。

とにかく、各行動の動線を考えて余計な移動を無くそうという観点で、おすすめの倉庫と活用方法を説明します。


まず私の考えとして、現環境で一番優先すべきはリスクなく安定した稼ぎとなる「物品類輸出」です。

次に優先すべきは費用を払うだけで手間の無い極秘貨物調達(倉庫スタッフへの依頼)、そして最後に費用も手間もかかる極秘貨物購入(自分で貨物を回収)です。


極秘貨物の売却の開始地点は、

  • ブリッケードであれば売却を実行した倉庫
  • タグボートであれば南の埠頭ふとう
  • 航空機であれば南の国際空港

からのスタートで位置はほぼ固定なうえ、そもそも売却頻度は少ないので倉庫の位置はさほど気にする必要ありません。


以上を考慮したうえで、プレイヤーの資産や趣向に合わせておすすめの倉庫を考えました。

物品類輸出だけやりたいが、資金が少ない

南東の埠頭に近い小型倉庫

この条件に適合するのは、可能な限り南東にある小型倉庫1つだけを購入することです。


理由としてあげられるのは以下のとおりです。

  • 物品類輸出で必要な移動は「オフィス→所有する倉庫→南東の埠頭ふとう」で変わらない
  • 倉庫の大きさに関係なく物品類輸出は実行可能
  • 極秘貨物の売却が主体でなければ倉庫の大きさも無関係

これらのことから、とにかく埠頭ふとうに近くて安い小型倉庫1つだけを購入しておけば、無駄な移動なく物品類輸出を繰り返すことができます。


この場合におすすめな倉庫は、

倉庫名費用
コンビニ倉庫250,000
Pacific Bait倉庫376,000
400番埠頭公益事業ビル392,000
コンビニ倉庫の周辺
コンビニ倉庫の活用方法

このあたりの3つの中から1つを選ぶことになりますが、個人的には値段的にも立地的にも「コンビニ倉庫」が無難で必要十分かなと思います。

物品類輸出は1回で5万ドル稼げるので5回完了すれば倉庫代はすぐに回収できますし、極秘貨物の購入や調達がどのように機能するのかお試しで使ってみるのにもちょうど良いですね。


またどのパターンでも言えることですが、倉庫の位置はもちろんのことオフィスの位置もできれば南東に近いほうが移動距離が少なくなります。

アルカディアスビジネスセンター

そのためできればオフィスは、アルカディアスビジネスセンター(225万ドル)にしておくことをおすすめします。

メイズバンクタワー

一番南東にあるオフィスはメイズバンクタワー(400万ドル)ですが、このオフィスは費用が高いだけでなくヘリポートが非常に高い高度にあるうえ、ガレージも出入りしづらいので普段遣いの利便性の面でストレスがたまります。

メイズバンク・ウエストの位置
メイズバンク・ウエスト

資金がないうちはメイズバンク・ウエスト(100万ドル)でも十分ですし、このオフィスは「犯罪事業スターターパック」の権利を持っていれば無料で購入できます。

物品類輸出も極秘貨物調達(倉庫スタッフへの依頼)もやりたいが、資金が少なめ

サイプレス倉庫
サイプレス倉庫の周辺

この条件に適合するのは、南東の大型倉庫である「サイプレス倉庫(3,265,000ドル)」1つだけを購入することです。

サイプレス倉庫の活用方法

物品類輸出での移動は「オフィス→サイプレス倉庫→南東の埠頭ふとう」となるので、サイプレス倉庫に到着したと同時に倉庫内で極秘貨物調達(倉庫スタッフへの依頼)をしてから、南東の埠頭に向かうことで移動距離も手間も最小限にすることができます。


最初から極秘貨物購入(自分で貨物を回収)はやらないと割り切っていれば、街の中心部から離れた南東に位置するサイプレス倉庫であっても特に問題にはなりません。

ある意味、現在の環境であれば一番優秀な大型倉庫と言えるかもしれません。

極秘貨物購入(自分で貨物を回収)を積極的にやりたいが、資金が少なめ

西バインウッド・バックロット
西バインウッド・バックロットの周辺

この条件に適合するのは、ロスサントスやや北ほぼ中央の大型倉庫である「西バインウッド・バックロット(2,135,000ドル)」1つだけを購入することです。


自分の手で極秘貨物を回収することを重視する場合、回収した貨物の場所から倉庫までの距離はいつも短いほうが良いですよね。

倉庫がロスサントスの中心に近ければ、行った先が色々な場所であっても帰還時の距離が平均的に短くなるという考えがこの大型倉庫の強みです。


ただし極秘貨物購入をした倉庫には5分間のクールダウンが発生するため、1つの倉庫で連続して実行することはできません。

その間は別のことで稼ぐことになります。

西バインウッド・バックロットの活用方法

物品類輸出をこの倉庫から実行する場合は南東の埠頭ふとうまでの距離はやや長くなりますが、できるだけ直線ルートで行くようにすれば意外とそこまで時間はかかりません。

極秘貨物調達(倉庫スタッフへの依頼)をやる場合も、サイプレス倉庫のときと同様に倉庫が1つだけなので倉庫到着時に同時に済ませれば手間が省けます。

極秘貨物購入(自分で貨物を回収)をガンガンやりたい、資金に余裕がある

Darnell Bros倉庫
Darnell Bros倉庫の周辺
物流デポ
物流デポの周辺

この条件に適合するのは、ロスサントス東側で近距離同士の大型倉庫である「Darnell Bros倉庫(3,500,000ドル)」と「物流デポ(2,600,000ドル)」の2つを購入することです。

Darnell Bros倉庫と物流デポの活用方法

2つの倉庫があると交代で極秘貨物購入をすることで5分間のクールダウンを無視できるようになるのですが、上記2つの倉庫は距離が近いため移動距離も短くて済みます。

極秘貨物購入はテラーバイト(現状は公開セッション必須なので非推奨)や、ラ・メサのアーケードでマスターコントロール端末でも実行できるのでオフィスに戻る必要もなくせます。


物品類輸出をこれらの倉庫から実行する場合でも、南東の埠頭ふとうまでは一直線なのでかなり快適です。

極秘貨物調達(倉庫スタッフへの依頼)をやる場合は、物品類輸出を始めてからどちらの倉庫が行き先になったかに限らず「Darnell Bros倉庫」→「物流デポ」とスタッフへの依頼を済ませてしまうのが一番楽だと思います。

とにかく資金に余裕があって、新しい稼ぎを最大化したい

5つの大型倉庫
Wholesale Furniture倉庫の周辺

この条件に適合するのは、以下の大型倉庫5つすべてを購入することです。

倉庫名費用
西バインウッド・バックロット2,135,000
Darnell Bros倉庫3,500,000
物流デポ2,600,000
Wholesale Furniture倉庫1,900,000
サイプレス倉庫3,265,000
合計13,400,000

倉庫の購入費用が合計1340万ドルということで元を取れるまでは果てしない道のりとなるのですが、資金に余裕があればたいした問題ではないでしょう。

ちなみに南にある「Walker & Sons倉庫」は一見優秀な立地に見えますが、周辺が海に囲まれていて水没リスクがあるうえ荒れた道路を経由しての移動がストレスになると思います。


これら5つの倉庫を所有することで、以下のようなルーティーンを組むことができるようになります。

5つの大型倉庫の活用方法

「4 インテグリティウェイ」か「3 アルタSt」のガレージか、
「アルカディアスビジネスセンター」オフィスの宿泊設備

オフィスで「物品類輸出」

いずれかの自分の倉庫(ランダム)

南東の埠頭

「サイプレス倉庫」でスタッフに調達依頼

「Wholesale Furniture倉庫」でスタッフに調達依頼

「物流デポ」でスタッフに調達依頼

「Wholesale Furniture倉庫」でスタッフに調達依頼

「Darnell Bros倉庫」でスタッフに調達依頼

「西バインウッド・バックロット」でスタッフに調達依頼

このようなルートを使うことによってオフィスから倉庫を経由して南東の埠頭に移動、南東の埠頭から北に向かって倉庫スタッフに調達依頼となり、無駄な移動がなくなります。

「西バインウッド・バックロット」は他の倉庫とは若干距離があるため、「物品類輸出」の行き先になった場合は倉庫に到着すると同時にスタッフに調達依頼をしたほうが楽です。


資金面でも埠頭で50,000ドルを回収してから、スタッフ調達費用の支払い(-7,500×5=-37,500ドル)をするので、5つの倉庫をめぐっても12,500ドルの儲けを確保しておくことができます。


最初に倉庫さえ購入してしまえば運用資金は圧迫されないうえ、48分間ごとに5つの倉庫のスタッフに依頼しにいくだけでモリモリ貨物の在庫がたまっていくのでかなり楽に仕込みができるわけです。

スタッフが回収してくる貨物が仮に毎回1個だけだったとしても、一度に5つの倉庫で依頼をしているので全体での貨物量は意外と増えていきます。

3 アルタSt
4 インテグリティウェイ

ちなみにオフィスの宿泊設備は795,000ドルしますが「3 アルタSt」なら217,000ドル「4 インテグリティウェイ」なら235,000ドルから購入可能なので、費用を抑えるならアパートでスポーンしてからオフィスに向かえばOKです。

アーケード ビデオゲドン:ラ・メサ

私の最近のルーティーンでは次に地下基地やナイトクラブの管理をするのですが、アーケード「ビデオゲドン:ラ・メサ」があると移動途中にマスターコントロール端末から状況確認をすることができます。

ウエスト・バインウッド・ナイトクラブ

また、ナイトクラブ自体を「ウエスト・バインウッド」にしてしまえば、最終地点の「西バインウッド・バックロット」倉庫との距離がかなり近くなります。

(個人的には「デル・ペロ」のほうが外観が好きです…)

おすすめ倉庫まとめ

貨物回収 主体貨物回収 頻度物品類輸出 適正資金おすすめ倉庫費用
お試しにコンビニ倉庫250,000
スタッフ少なめサイプレス倉庫3,265,000
自分少なめ西バインウッド・バックロット2,135,000
自分Darnell Bros倉庫
物流デポ
3,500,000
2,600,000
いずれも可極めて多い西バインウッド・バックロット
Darnell Bros倉庫
物流デポ
Wholesale Furniture倉庫
サイプレス倉庫
2,135,000
3,500,000
2,600,000
1,900,000
3,265,000

結局、儲かるの?

極秘貨物の回収にかかる費用と、襲撃を受けないギリギリの貨物量で売却した際の収益を比べてみました。


回収にかかる費用は最悪の場合を想定して、

  • 極秘貨物購入(自分で貨物を回収):3個で18,000ドル(1つあたり6,000ドル)
  • 極秘貨物調達(倉庫スタッフへの依頼):毎回1個だけ回収(1つあたり7,500ドル)

とします。


極秘貨物購入(自分で貨物を回収)

倉庫貨物購入費貨物数合計費用売却単価利益単価売却利益
小型-6,0009-54,00014,0008,00072,000
中型-6,00029-174,00016,00010,000290,000
大型-6,00077-462,00018,50012,500962,500



極秘貨物調達(倉庫スタッフへの依頼)

倉庫スタッフ依頼費貨物数合計依頼費売却単価利益単価売却利益
小型-7,5009-67,50014,0006,50058,500
中型-7,50029-217,50016,0008,500246,500
大型-7,50077-577,50018,50011,000847,000


こうして具体的な数字で比べてみても、スタッフへ依頼した場合でも売却利益は10万ドル少ない程度です。

実際にはスタッフが意外と貨物2~3個の回収や希少品の回収もしてくることを考えると、手間なく売却にこぎつけるスタッフへの貨物調達依頼はやはり優秀です。


週間イベントとして極秘貨物の売却額が2倍になることもちょくちょくあるので、とりあえず普段から貨物は貯めておいてイベントの際に売却すれば利益は一段と大きくできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Grand Theft Auto 5
ぜひこの記事をシェアしてください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

CoopのPCゲームが好きで、特にSteamのFPSをよくプレイします。
ゲームに限らず良いと思ったことをどんどん取り入れたい。

詳しくはブログについてをお読みください

YSYKをフォローする
ゲームの間

コメント 疑問や感想など

このサイトはreCAPTCHAで保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました