チーター対策+フレンド招待可能な『公開ソロセッション』Firewallでの設定方法[GTA5 PC版]

Grand Theft Auto 5

この記事ではGrand Theft Auto 5(以下、GTA5)のオンラインにおける『公開ソロセッション』の作成方法のうち、Firewallを使った場合の設定方法を説明します。


Firewallでは細かく設定すればキッチリと狙って一部の通信を継続的に遮断できるためチーター対策としても使えますし、フレンド招待をしても後から他人が増える心配がありません。

その代わりFirewallの設定画面では誤った操作をすると最悪ネット通信ができなくなるようなリスクもありますので、書いてある内容がまったく理解できない場合は下記の簡単な方法のほうをご確認ください。

それでは設定手順について順番に説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

設定手順

Windows Defender ファイアウォール

まずはWindows標準のWindows Defender ファイアウォールを開き、左側にある「詳細設定」をクリックします。

画像はすべてWindows10のものです。


コントロールパネル等を探すのが面倒な場合は、Winキー+Rを同時押しして「ファイル名を指定して実行」を開き、「firewall.cpl」と入力してOKをすれば一発で開くこともできます。

受信の規則

受信の規則

詳細設定の画面が開いたら、左上にある「受信の規則」でこれから新しい設定をつくります。

新しい規則

「受信の規則」という文字の上で右クリックすると画像のようなメニューが出るので、「新しい規則」をクリックします。

規則の種類

「カスタム」を選択した状態で「次へ」をクリックします。

プログラム

「このプログラムのパス」を選択し、「参照」ボタンをクリックしたらGTA5をインストールしたフォルダをたどっていき「GTA5.exe」を指定し、次へ。


通常は、インストールしたドライブの中で
”\steamapps\common\Grand Theft Auto V\GTA5.exe”
というフォルダ構成になっています。

プロトコルおよびポート

プロトコルの種類を「UDP」選択し、プロトコル番号は自動で「17」になるのでそのまま。

ローカルポートは「特定のポート」を選択し、すぐ下の空欄に「6672」と入力します。
※GTA5では、このポート6672が他プレイヤーとのマッチングの通信に使われているものと思われます。

リモートポートは「すべてのポート」のまま、次へ。

スコープ

スコープについては、自分ひとりだけの公開ソロセッションで問題なければ特に設定は不要なのでそのまま次へ。

フレンドを招待したい場合については記事後半で説明します。

操作

操作では「接続をブロックする」を選択して次へ。

プロファイル

プロファイルはデフォルトのまま、すべてチェックが入ったまま次へ。

名前

名前は自分がわかる名前なら何でも良いので入力します。

「*GTA V Solo Public Session」などわかりやすい名前にしたうえで、先頭に「*(アスタリスク)」などを入れておくと名前順で並び替えされても一番上に表示されるので管理しやすいです。


名前を入力したら完了をクリックします。

ブロックが有効な状態

設定が完了した時点ですでに規則は有効化された状態になっています。

規則名の左にある「丸に斜線のマーク」があるときが有効な状態です。

規則の無効化

規則名のうえで右クリックをして「規則の無効化」をクリックすることで、作成した規則を無効化することができます。

無効化した場合は「丸に斜線のマーク」は消えます。

送信の規則

送信の規則

次は送信の規則のほうで、新しい規則を作成します。

ただ設定内容は受信の規則で作ったものとまったく同じ内容なので、記事の上の方に戻って同じ手順を繰り返してください。


※受信の規則だけ作っても、送信の規則が無いと正常に機能しません。

フレンドを招待したい場合の追加設定

手順

プロパティ

作成した規則名のうえで右クリックをして「プロパティ」をクリックします。

※この設定も受信の規則、送信の規則の両方でまったく同じことを2回やる必要があります。

スコープ

新しく開いたメニューの中で上にある「スコープ」タブを選択したら、リモートIPアドレスのほうで「これらのIPアドレス」を選択し、「追加」をクリックします。

このIPアドレスの範囲

「このIPアドレスの範囲」を選択して、フレンドのグローバルIPアドレス以外をすべて指定します。


画像ではフレンドのIPが「100.50.100.1」だと仮定した場合に、「0.0.0.0~100.50.100.0」までをブロック対象に指定するという設定になっています。

これでいったんOKをします。


ただしこのままでは「100.50.100.2~255.255.255.255」までのIPアドレスが野放しになってしまうので、さらに「追加」ボタンを押して設定を加えます。


2回の追加作業をして「これらのIPアドレス」に設定した2行の表示があれば設定完了です。


※前述のとおり受信の規則と送信の規則の両方で設定する必要があるので、同じ設定を繰り返します。

IPの指定方法について

フレンドのグローバルIPはGoogleで「IP 確認」などで検索すれば、サイトにアクセスしてもらうだけですぐに確認できます。


スコープに設定するべき「IPアドレスの範囲」は、「0.0.0.0~フレンドのIPマイナス1」と「フレンドのIPプラス1~255.255.255.255」というシンプルな法則になっています。


もしフレンド2人を招待したい場合は、

  • 0.0.0.0~フレンドAのIPマイナス1
  • フレンドAのIPプラス1~フレンドBのIPマイナス1
  • フレンドBのIPプラス1~255.255.255.255

というように間に挟み込む感じで3回の追加作業になります。

Firewallでの公開ソロセッションの作り方

自分1人でプレイする場合

まずは念のため今回Firewallで作成したGTA5用の受信の規則、送信の規則ともに無効化した状態で普通に公開セッションに入ります。


公開セッションでロードが完了したら、Alt+TabなどでFirewallを表示して作成した受信の規則と送信の規則の両方を有効化します。

これだけで、他人の名前で「退出した」というログが大量に出るかと思います。(実際には自分が退出しています)


これで公開ソロセッションの作成完了です。
作成した規則を有効化している間は他人が勝手に入ってくることはありません。


もし規則の有効化をするときにシングルモードに戻されてしまう場合は、MCやCEOのビジネスを開始した状態であれば防止できるようです。

フレンドを招待する場合

まず”公開ソロセッションで自分1人になる”という状態を作り自分がそのセッションのホストになる必要があります。


上の項目のように作成した規則を有効化して自分1人になったら、規則をいったん無効化します。


数秒間おいてから事前にIPの設定をしたフレンドを自分のセッションに招待します。


フレンドがセッションに参加できたら、規則を再び有効化します。



※規則の有効化から無効化の変更時に反映までタイムラグがあるようで面倒なので、タスクマネージャ方式でいったん公開ソロ状態にしたほうが手っ取り早いかもしれません。

これで予めIPの設定をしたフレンド以外は勝手に入ってこれないセッションのできあがりです。

注意点

作成した規則を有効化している間は、コンタクトミッションや強盗などのいったんマッチングサーバーとの通信を挟むコンテンツは基本的にプレイすることができません。


それらのコンテンツは招待限定セッションなどでもプレイできるので、必要ないときは作成した規則を無効化しておいたほうが良いです。

おわりに

そもそもこの記事を作成することになったのは、現在のPC版GTA5オンラインでは公開セッションにいけば必ずチーターに遭遇するくらいの無法地帯になっているからです。

開発会社であるRockstar Gamesはチーター対策をする気はないのだろうか?というほど野放しな状態なので現状のまま普通にプレイするのは不可能と言っても過言ではありません。


正直、なんでこんな面倒な設定と操作をしないとまともにゲームをプレイできないんだと悲しくもなりますが一度設定さえしてしまえば有効化の作業だけでチーターのいない安全なセッションが確立できます。

タスクマネージャ方式に続き今回も苦肉の策ではありますが、公開セッションでしかプレイできないコンテンツがある以上、チーターが一掃されるまではFirewallでの対策も選択肢の1つにあって良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

CoopのPCゲームが好きで、特にSteamのFPSをよくプレイします。
ゲームに限らず良いと思ったことをどんどん取り入れたい。

詳しくはブログについてをお読みください

YSYK(やっさん)をフォローする
Grand Theft Auto 5
ぜひこの記事をシェアしてください!
ゲームの間

コメント

タイトルとURLをコピーしました