[Steam版]貫通ヘビィで楽々周回!大霊脈玉確定イベント「殲滅の主はまた鐘を鳴らす」を効率的に[MHWアイスボーン]

MHWアイスボーン

この記事ではSteam(PC)版MHWアイスボーンにいよいよ実装された、大霊脈玉が確定報酬になっているイベントクエスト「殲滅せんめつの主はまた鐘を鳴らす」について紹介します。


大霊脈玉ってレア度の高い武器や防具のカスタム強化、一部の護石強化などに要求されるので、何個あってもすぐになくなってしまいますよね。

そんな大霊脈玉不足をバッチリ救済してくれるのが今回のイベントクエストなんです。


記事ではこの効率抜群なイベントクエストの詳細とともに、レア装飾品を使わずに楽々周回が可能な貫通ヘビィ装備を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

殲滅の主はまた鐘を鳴らす

殲滅の主はまた鐘を鳴らす

まずイベントクエストの詳細です。

項目詳細
受注・参加条件MR100以上
討伐対象歴戦の悉くことごとほろぼすネルギガンテ
報酬金43200z
制限時間50分

そしてこのクエストのバトルフィールドはなんと「淵源えんげん孤島ことう」なんです。

導かれた者の歌

淵源の孤島といえばストーリー中の任務クエスト終盤である「導かれた者の歌」で悉くを滅ぼすネルギガンテと対峙したドラマティックな場所でした。


このフィールドは普段の龍結晶の地などとは異なり、とても狭い闘技場のような逃げ場のない空間となっています。

プレイヤーもモンスターも基本的に逃げ場がないので、効率的に周回して大霊脈玉を乱獲するには都合が良いですね。

※プレイヤーはモドリ玉を使うことでキャンプに戻ることができます

大霊脈玉

そしてこのクエストの特徴はなんといっても大霊脈玉が確定報酬となっていることです。

大霊脈玉は最低でも1個が確定となっており、4個まで出る可能性があるそうです。

通常、大霊脈玉を効率よく集めるには

導きの地で睡眠とぶっ飛ばしの壁ドンを繰り返し、落とし物を拾うという作業を繰り返す必要がありました。

大霊脈玉が入手できるかどうかはランダムなので何十分やっても入手できないこともありますし、落とし物を拾うために毎回納刀する必要があるので正直テンポが悪くてダレるんです。

それがこのイベントクエストでは、ただネルギガンテを討伐するだけで済むのでシンプルに討伐用の装備を組んで戦えば良くて気が楽ですね。

受注可能期間は4/3~5/8まで

ちなみにこのクエストの受注可能期間は4月3日~5月8日となっています。

Steam版MHWアイスボーン2020年ロードマップ

1ヶ月近くあるから長いと思われるかもしれませんが、4月9日には「猛り爆ぜるブラキディオス(臨界ブラキ)」と「激昂したラージャン」などの実装も予定されています。

また4月10日からは新しいセリエナ祭【満開の宴】も実施されます。


これらの新コンテンツが実装されるということは新しい武器や防具がまた増えるということです。

つまり、またカスタム強化のための大霊脈玉が必要になるわけです。


防具一式だけで考えても1シリーズで5部位あるので、必要な大霊脈玉は5個になります。
考えただけでもすぐに大霊脈玉不足におちいるのが予想できますよね。


だからこそ、今回のイベントクエスト「殲滅の主はまた鐘を鳴らす」をガンガンまわして今のうちに大量の大霊脈玉を確保しておいたほうが良いんです。

レア装飾品不要な貫通ヘビィ装備で楽々周回

貫通ヘビィを使う理由

さて、大霊脈玉を大量にゲットするためにはこのイベントクエストを周回する必要があるわけです。

最初のうちは新鮮かもしれませんが、段々と作業感が高まってくるのは予想できます。

ならば極力すこしでも気楽に狩れる装備のほうが良いですよね。


特にマルチプレイではモンスターの頭の位置が頻繁に移動するため弱点部位を狙い続けるのは難しくなりますし、ネルギガンテはとげが硬くなったりして肉質が変化するため傷付けもなかなか面倒です。

そんな面倒を解消してラクしてしまおう!というのが今回紹介する貫通ヘビィボウガンの装備です。

貫通ヘビィ装備

貫通ヘビィの何が良いかというと、散弾ヘビィのように頭を狙い続ける必要がないためテキトウに射撃ボタンをポチポチしているだけで討伐できてしまうところです。


というのも貫通弾はモンスターの体を貫通する都合上、弱点部位だけを意識して射撃することはなく弱点部位以外の部分にもヒットします。

この特性を利用して最初から弱点特効スキルを無くしたうえで常時100%会心を目指した装備を組むことで、極論すればとにかく弾をモンスターに当てさえすれば良い装備となるのです。


また、ヘビィボウガンではシールドが利用できるので危ない攻撃はガードしてしまえば良いのもラクな理由の一つですね。

装備一覧

装備一覧
部位名前
武器ベニカガチノシシII
EX龍紋ヲ刻マレシ封冠β
EX金色こんじき羽織はおりβ
EX龍紋ヲ刻マレシ封甲
EXゴクオウコイルβ
EX龍紋ヲ刻マレシ封靴α
護石業物の護石
装衣1転身の装衣・改
装衣2不動の装衣・改

貫通ヘビィの武器は生産武器のベニカガチノシシIIを使用します。

シリーズスキルである「赤龍の封印」の「龍脈覚醒」を利用するため、ムフェト装備を3部位採用しています。

詳細については後半で紹介します。


最初はキリンのシリーズスキルである「強運」を組み込もうとしていましたが、スキル構成が難しくて諦めました。それにマルチで自分だけ使うとずるい!

スキル一覧

今回の装備で発動するスキル一覧です。

スキル一覧1
スキル一覧2

スキル名発動Lv
ガード性能5
体力増強3
属性解放/装填拡張3
超会心3
力の解放3
貫通弾・竜の一矢強化2
逆恨み2
渾身2
耳栓1
属性やられ耐性1
回避性能1
心眼/弾道強化1
業物/弾丸節約1
龍脈覚醒
龍脈覚醒
力の解放

このスキル構成では「龍脈覚醒」がキーとなっています。


龍脈覚醒の発動条件は抜刀することであり、攻撃のたびにダメージを受ける副作用があります。
しかし抜刀している限りは常時20%の会心率を得ることができるのです。



また龍脈覚醒の攻撃のたびにダメージを受けるというメカニズムが、力の解放の発動条件をすぐにトリガーできるためとても相性がよいのです。

※ヘビィボウガンの場合は7回攻撃することで体力が自動回復します。


この時点でスキルだけでも既に会心率は力の解放30%+渾身20%+龍脈覚醒20%=70%まで積めています。


渾身はシールドでのガード時にスタミナ消費をすることが気になるかもしれませんが、マルチ前提であればすべての攻撃を自分ひとりで受けるわけではないので大丈夫です。

逆恨み

さらに龍脈覚醒のダメージは赤ゲージとして受けるため「逆恨み」でのダメージ底上げを狙っています。


その他のスキルでは貫通ヘビィ運用時には、

  • 属性解放/装填拡張
  • 貫通弾・竜の一矢強化
  • 心眼/弾道強化
  • 業物/弾丸節約

は必須スキルだと思ってもらったほうが良いです。


弾丸節約は賛否あるかもしれませんが、ヘビィで一番危険なアクションであるリロードの回数を減らすことができて生存力アップになりますし、単純に撃ち続けられる回数も増えるので火力アップにもなりおすすめです。


ちなみにガード強化はネルギガンテには不要です。

装飾品一覧

装飾品一覧

装備スロットに4スロがあるのに、一切4スロの装飾品を使っていないという状態です。

「超心・体力」や「解放・体力」などがあれば、珠を入れ替えれてもっといっぱいスキルが積めると思いますが、私は持っていなかったので消去法でこうなりました。


結果的に装飾品集めがまだ追いついていない方でも使える、レア装飾品不要な装備になったかなと思っています。

貫通ヘビィはベニカガチノシシIIが強い

ベニカガチノシシII

Steam版にもムフェトジーヴァが実装され、覚醒武器が猛威を奮っていますがヘビィボウガンでは賛否あるようです。

私は簡単に作成できる生産武器の「ベニカガチノシシII」を使うことにしました。

覚醒武器と違って、射撃時のブレがないのが売りです。最初から会心率15%があるのも強いですね。


さてこのベニカガチノシシIIですが、レア10武器なんですよね。

つまりカスタム強化をしていくと・・・

会心カスタム

最初のカスタム強化は会心率強化がおすすめです。

この時点で武器の会心率25%になるので、前述のスキルを合わせると会心率は95%まで到達します。

これによって、モンスターのどこを撃ってもほとんどクリティカルが発生するようになるわけです。

カスタム強化フル

レア10武器は解放できるスロットの数がとても多いのでカスタム強化をかなり積むことができます。

私は攻撃2回、会心1回、回復1回というカスタム強化にしましたが、好みで変えても良いです。

パーツ強化

レア10武器だとまだ終わりじゃないんです。パーツ強化で更にパワーアップできるんです。

私はすべて攻撃力アップを選択しましたので、攻撃力が405から417まで上がりました。
こちらもスキル構成などによって会心を選んでも良さそうです。

ボウガンパーツ

ボウガン武器を使うときに忘れてはならないのが、ボウガンのカスタムパーツです。


私は

  • 反動抑制パーツ
  • シールドパーツ
  • シールドパーツ
  • シールドパーツ
  • 弾丸重化パーツ

で運用することにしました。

こちらも弾丸重化パーツ以外は好みで選んでください。

ベニカガチノシシIIが撃てる弾の種類

ベニカガチノシシIIは貫通弾Lv3が撃てるだけではなく、毒弾、麻痺弾、睡眠弾まで撃てるので特にマルチでは他のプレイヤーと連携してクリアタイムを縮めやすそうです。

実際に戦ってみた

悉くを殲ぼすネルギガンテ

導きの地ではもう何回も討伐しているネルギガンテです。

ネルギガンテの弱点

一応弱点部位を確認しておくと、やっぱり頭が弱点のようです。

ただ、ハンターノートの説明にもありますが前足に生えてくる金剛棘を破壊するとダウンしたりして楽に攻撃できるうえダメージも通りやすくなります。

そのため、ネルギガンテの頭か前足を軸にしたうえで極力体全体に貫通弾がヒットするように立ち回ります。

懐かしの淵源の孤島

さて、狩猟開始です。

懐かしの淵源の孤島スタート地点の隙間から悪そうなネルギガンテの顔が見えました。

ネルギガンテと対峙

いくら戦い慣れたネルギガンテとはいえ、このイベントクエストでは歴戦モンスターです。

十分注意して慎重に戦います。

貫通弾なのでテキトウに射撃ボタン連打して、テキトウにガードするだけなんですけどね。

討伐完了

あれ、もう終わったの?

私は普段ソロでモンハンをやることがないため、余計にそう感じたのかもしれません。

さすがにミスってダメージを食らうと痛いですが、戦い自体はわかりやすいターン制バトルになっていて気楽なものでした。

クリアタイム

今回のイベントクエスト用に初めて組んでみた貫通ヘビィ装備でしたが、クリアタイムは13分34秒でした。

私は普段は太刀がメインでヘビィは初心者ですがこのくらいで狩れたので、慣れている方やもっと良い装飾品がある方は断然タイムを縮められると思います。


・・・何か気づきましたか?

私は欲張って射撃を続け過ぎたためネルギガンテから致命傷を受けて一度ダウンしました。

それでこのくらいのクリアタイムなので、なおさらタイムを縮める余地はあります。


それにソロでは当然自分にターゲットが集中することもあり、ネルギガンテがすぐに距離を詰めてきて貫通弾の適正距離である中距離を維持するのが難しいです。

マルチだったらターゲットが分散する分もっといっぱい適正距離で攻撃できそうですね。

肝心の報酬、大霊脈玉

肝心の報酬ですが、激運チケット無しでも大霊脈玉2個ゲットでした。

情報どおり最低でも1個は大霊脈玉が手に入るので、これはガンガン周回するしかありませんね。


何気に冥晶原石ももらえているので、ついでに集めるのも良いかも。

追記:マルチプレイでも戦ってみた

マルチプレイでのクリアタイム

私と33さんと、その他野良プレイヤー2名のランダムパーティーで何回か周回してみました。

だいたい5分台から遅くても7分台くらいでクリアできて、誰も死ぬこともなくソロよりも圧倒的に楽々でしたのでやはりマルチプレイでの討伐がおすすめです。


大霊脈玉の報酬は1回につき1~2個の場合がほとんどでしたが、1時間半くらいまったりプレイして16個増えましたので上出来ではないでしょうか。

おわりに

Steam版のMHWアイスボーンは、もうすぐプレステ版とアップデートのタイミングが同期される予定であることから、アップデートのスパンがとても早くなっています。

これからの新コンテンツに備えて、今こそ大霊脈確定イベントクエスト「殲滅の主はまた鐘を鳴らす」を貫通ヘビィで楽して周回しちゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました