[Steam版]超簡単に激昂ラージャンを倒す徹甲ヘビィ!おすすめ装備と対策スキル[MHWアイスボーン]

MHWアイスボーン

この記事ではSteam(PC)版MHWアイスボーンにいよいよ実装された「激昂ラージャン」こと「激昂したラージャン」を超簡単に倒すことのできるおすすめの徹甲ヘビィ装備と、対策スキルを紹介します。

激昂ラージャンって動きがとても速いうえ、闘気硬化状態となると近接武器では前脚への攻撃が弾かれてしまうなど厄介なモンスターですよね。

そんな凶暴な激昂ラージャンにぴったりなのが徹甲ヘビィです。

徹甲ヘビィを使えば激昂ラージャンも拍子抜けするほど簡単に倒せますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

激昂ラージャンについて

終焉と云ふ名の金色

終焉と云ふ名の金色

激昂ラージャンの登場するクエスト名は「終焉と云ふ名の金色」です。

戦いの場は「渡りの凍て地」となっています。

ホットドリンクが必要なくらいで戦場については特別な点はありませんね。

ハンターノート

激昂したラージャン

激昂ラージャンの場合は「正面は危険だが闘気硬化状態を解除するためには頭部を狙え」という無茶なアドバイスがされています😣

前述のとおり、闘気硬化状態になると前脚への攻撃は弾かれてしまうためもし近接武器を使う場合は「心眼」が必須スキルになります。

頭を狙うなら散弾ヘビィも相性が良さそうですが、傷付けのためのクラッチクローが命がけになるのでおすすめできません。

弱点

激昂ラージャンの弱点

激昂ラージャンの弱点です。

ほとんどの属性、状態異常が効きづらいです。

まあ徹甲榴弾を使う徹甲ヘビィの場合は何も考えなくても大丈夫です。

報酬

激昂ラージャンの報酬

激昂ラージャンの報酬です。

激昂ラージャンは体が小さめなので、徹甲ヘビィの場合はテキトウに撃っていれば爆発が各部位にあたって勝手に部位破壊されていくので気楽です。

徹甲ヘビィを使う理由

  • 肉質無視なので傷付け不要
  • スタンによるダウンが狙える
  • 弾かれることがないため、どこを狙ってもダメージが入る
  • ガードができる
  • 徹甲榴弾の爆発によって勝手に部位破壊されていく

などなど、徹甲ヘビィで激昂ラージャンと戦うととにかく簡単に狩猟ができてしまいます。


徹甲榴弾を使う場合は覚醒水ライトを使う方が多いと思いますが、ライトボウガンにはシールドがなくガードができないためしっかり攻撃を見極めて自分で回避する必要があります。

しかし徹甲ヘビィであればシールドパーツを使うことで、ラージャンの攻撃ターンではじっくり構えておけばガードしてやり過ごすことができるのです。


激昂ラージャンの凶暴な動きはガードしながら観察してスキを見て撃つだけ というシンプルで落ち着いた戦闘スタイルになり、狩猟がとても簡単になるのが徹甲ヘビィを使う理由です。

徹甲ヘビィ装備紹介

ここからはおすすめの徹甲ヘビィ装備の紹介に移ります。

装備一覧

装備一覧
部位装備名
武器金獅子砲【重雷】
EXナルガヘルムβ
EXナルガメイルβ
EXディノイエロアームβ
EXゾラマグナスパインα
EXナルガグリーヴβ
護石鉄壁の護石V
装衣1転身の装衣・改
装衣2強打の装衣・改

装備のポイントとして、まず武器の徹甲ヘビィに使うのは「金獅子砲【重雷】」です。

素材は”激昂していない”通常ラージャンの素材を使います。

激昂ラージャンを倒すために激昂ラージャンの素材が必要 というわけではないのでご安心ください。

金獅子砲【重雷】の扱い方

金獅子砲【重雷】で撃てる弾の種類 ※装填拡張Lv3済み

メインで使うのは徹甲榴弾Lv3です。

徹甲榴弾は弾切れを起こしやすいのでしっかりと調合分の弾をフルに持っていき、激昂ラージャンのエリア移動ごとにキャンプに戻って補充しましょう。


ソロであれば激昂ラージャンのダウン時に拡散弾Lv3や竜撃弾を打ち込むのも良いですが、マルチでは味方を吹き飛ばしてしまうので自粛しましょう。

万が一の予備であれば散弾Lv3も使えなくないですが、さっさとモドリ玉でキャンプに戻ったほうが良いです。

単発自動装填とは?

金獅子砲【重雷】の徹甲榴弾Lv3を使ううえで気になるのが「単発自動装填」という見慣れない文字ですね。

デメリット、メリットについてそれぞれ説明します。

単発自動装填のデメリット
  • 弾を一発撃つと強制的に自動リロードのアクションが起こります。
  • 弾を撃ってから自動リロードが完了するまではシールドでのガードができなくなります。
  • 自動リロード中に咆哮や攻撃を受けて中断されるとリロードは失敗します。
  • 自動リロード中は調合ができません。

つまり、弾を撃ってから自動リロードが完了するまではとても無防備な状態になります。

また自動リロード中には調合ができないため、リロード完了後にしっかりガードしながら弾薬を調合しましょう。
プロハンの場合は回避行動をしながら調合する方もいるようです。

単発自動装填のメリット
  • 自動装填での自動リロード時間は通常リロードよりも圧倒的に速いです。
  • 自動リロード失敗に関しては特殊なシステムがあります。

弾の装填可能数が1発の場合
1発撃つ→咆哮などで自動リロード失敗→通常リロードが必要

弾の装填可能数を2発に拡張している場合
1発撃つ→咆哮などで自動リロード失敗→2発目撃つ→自動リロード1回で2発装填できる

という巨大メリットを得ることができるので私は単発自動装填であるからこそ、装填拡張スキルの取得をおすすめします。

徹甲ヘビィ武器を選択する際には「熔山大砲マグダゲミド」を採用するか悩みましたが、「金獅子砲【重雷】」には上記の単発自動装填があることでボウガンカスタムパーツに「リロード補助」が不要となります。

これによりシールドパーツ3枚以上を余裕で選択することができるため、安心して激昂ラージャンの攻撃をガードすることができます。

ボウガンカスタムパーツ、カスタム強化

ボウガンカスタムパーツ
カスタム強化

ボウガンのカスタムパーツにはとりあえずシールドパーツ3枚、その他はお好みですが「弾速強化パーツ」を使うと射程距離が伸びるうえ着弾が速くなり徹甲榴弾が更に扱いやすくなります。


カスタム強化は回復能力付与IIと防御力強化Iがおすすめです。

回復能力付与があると、万が一攻撃を食らってしまっても時間差で起爆された徹甲榴弾が自動で回復してくれて助かることが多いです。

また徹甲榴弾には会心率の意味がないので、もし自信がある方で攻撃力を伸ばしたい場合は攻撃力強化を選択する必要があります。

ナルガ3セットで真・業物/弾丸節約

迅竜の真髄

ナルガ防具3セットを使うことで迅竜の真髄を発動し、真・業物/弾丸節約のスキルを取得しています。

徹甲榴弾は弾切れしやすいため、弾丸節約が実質必須スキルとなりますが「業物の護石」を使ってしまうと装飾品の要求難易度が高くなることが多く、積めるスキルも狭まりがちです。

また弾丸節約の確率について公式では具体的な数値が公開されていないため、あくまで通説ですが業物では15~20%程度のところ、真・業物では25%程度の確率と上昇しているそうです。

雷属性耐性はマイナス

防御ステータス

ただしナルガ3セットもメリットばかりではなく、今回の装備構成では雷耐性-11となってしまいました。

ラージャンのブレス攻撃は雷属性となっているため、なおさらしっかりガードをする必要があります。

食事で「属性耐性UP大」を選択することで全属性耐性+15を得ると相殺することができるので利用しましょう。

激昂ラージャン対策には耐震Lv1、気絶耐性Lv3、ガード強化のスキルを

口からビーム

徹甲ヘビィはシールドパーツをつけることでガードができますが、激昂ラージャンの口からビーム攻撃は「ガード強化」スキルがないとガードできないので必須です。


また、激昂ラージャンの一部攻撃を食らってしまうと雷属性やられを受けてしまいます。

雷属性やられ状態では気絶しやすくなってしまううえ、気絶回復までの時間まで伸びてしまい死亡まで一直線です。

「属性やられ耐性」のスキルや雷耐性20以上で雷属性やられを防止することもできますが、「気絶耐性Lv3」のスキルを取得すればそもそも気絶しなくなるので安心です。


さらに激昂ラージャンでは特に後半エリアでの地面叩きによって足元がぐらつくことがあるのですが、「耐震Lv1」のスキルがあるだけで無効化できるのでおすすめです。

スキル一覧

スキル一覧1
スキル一覧2

今回の装備構成での必須スキルは

  • ガード性能Lv5
  • 気絶耐性Lv3
  • 体力増強Lv3
  • 属性解放/装填拡張Lv3
  • 砲術Lv3
  • ガード強化Lv1
  • 弾丸節約

であり、その他は装備のオマケでついてきたものや好みです。

なかでも体力回復量UP Lv3は徹甲榴弾での回復力が上がり生存率アップに寄与するのでおすすめです。

装飾品一覧

装飾品一覧

「解放・治癒珠【4】」がない場合は「解放珠【3】」を使えば大丈夫です。

その他も基本的には生存スキル優先で適宜調整してください。

防具強化を忘れずに

臨界ブラキ対策の記事でもとりあげましたが、カスタム強化済みの防具は防具の強化レベル上限がアップされて更に防御力を強化することができるようになりました。

お金と鎧玉に余裕があれば極力強化した状態で使うようにしましょう。

いざ討伐→クリアタイム

激昂ラージャンの拘束攻撃はガード強化があってもガードすることができませんが、閃光玉を使うことで回避できるので忘れずにスリンガーに装填しておきましょう。

激昂ラージャン

最初から金髪の超サイヤ人状態でかなり威圧感があります。

ひえっ

激昂ラージャンはとにかく動きが素早くて飛び回りますが、徹甲ヘビィなら構えてるだけで拘束以外は全部ガードできます。

徹甲榴弾をさしまくれ!

ソロであれば攻撃するのはターゲットがオトモになっているとき、マルチであればターゲットが自分以外になっているときだけ。

自動装填での射撃は、撃ってからガード可能になるまでの時間が本当に長いため絶対に安全なとき以外は撃たないことです。

爆発だあ!

狙う部位はできれば徹甲榴弾の爆風が頭に届く場所のほうがスタンが狙えますが、激昂ラージャンの体に当たりさえすれば同威力のダメージが与えられるので神経質になる必要はありません。

とにかく激昂ラージャンがスキを見せたら徹甲榴弾を撃ちまくって爆破してやりましょう。

メンツにもよりますがマルチでも徹甲榴弾を使っていると笑っちゃうほどラージャンがダウンしまくって転げ回ります。

※ダウンすると見せかけて壁に手をついたときは、カウンタービームが来るのでガードしましょう。

ぐだぐだソロでのクリアタイム

このときは最初のスクショだけ取って終了するつもりだったのですが、片手操作でスクショを取りながらのバフなし惰性だせいプレイでもソロで17分程度でクリアできました。

ラージャンのアクションを激写したくて、めちゃくちゃいい加減に操作していたので2回死んだグダグダ進行でもこのタイムです。


ちなみにマルチで真面目にプレイしたときはだいたい7~10分くらいでサクサククリアできました。

おわりに

私は通常のラージャンでさえあの凶暴さゆえに苦手なモンスターだったため、激昂ラージャンが来ると知ったときにはとても焦りました。

しかし今回紹介した徹甲ヘビィ装備を使ってからは、もはやラージャンなんて雑魚同然の気持ちで戦えます。

これまでラージャンに苦戦していたのであれば、激昂ラージャンはぜひ徹甲ヘビィ装備で攻略してみてください!


同時に実装された臨界ブラキ対策の記事もあるのでぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました