フレンドと簡単にマルチプレイするためのサーバー起動方法[Valheim]

Valheim

この記事では、Valheimでいち早くフレンドとマルチプレイをするために簡単なサーバー起動方法を説明します。


サーバーとは言っても今回紹介するのはSteamの機能を利用した簡易的な方法なので、サーバー管理者としての難しい設定や環境管理は原則不要でとても気軽にマルチプレイが実現できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分のワールドをサーバーとして起動する

それではさっそく手順を説明していきます。

途中まではいつもどおりValheimを開始するときと同じです。

ゲームスタート

メインメニューで「ゲームスター」をクリックします。

キャラクター選択

使いたいキャラクターを選択して「スタート」をクリックします。

ワールド選択

ワールド選択画面が開くので、フレンドを招待したいワールドを選択します。

右下に「サーバー起動」というチェックボックスがあるので、チェックを入れます。


「サーバーパスワード」は入力しなくても進められてしまうのですが、知らない他人が入ってこないように推測されづらく長めのパスワードを念のため入力しておくことをおすすめします。

「サーバー起動」を選択した場合は、Steamフレンド経由か「IP参加」でしか参加することができない状態で自分のワールドをサーバーとして起動することができます。


「コミュニティサーバー」を選択した場合は、全世界の不特定多数に向けて自分のワールドが公開されるため、推測されやすいパスワードを指定した場合は荒らされてしまうリスクが非常に高いので注意してください。



準備ができたら「スタート」ボタンをクリックします。


サーバー起動の手順はこれだけなので、拍子抜けするほど簡単ですよね。

あとはフレンドにサーバー起動が完了したことを伝え、自分のワールドに参加してもらえば良いだけです。

Steamオーバーレイ経由でフレンドを招待可能

現バージョンのValheimのサーバーブラウザは若干使いづらいので、手っ取り早くSteam経由でフレンドを招待してしまうのが簡単でおすすめです。

※自分のSteamの状態が「居留守(隠れ身の術)」や「オフライン」になっているとうまく動作しないかもしれないので、原則「オンライン」に変更しておいてください。

Steamオーバーレイ

Valheimで自分のワールドをサーバー起動したらSteamオーバーレイを起動して、「すべてのフレンドを表示」をクリックします。

※Steamオーバーレイ起動のショートカットキーはデフォルトではShift+Tabです。

招待したいフレンドにカーソルを合わせて右クリック

フレンド一覧のリストが表示されるので、招待したいフレンドにカーソルを合わせた状態で右クリックをするとメニュがー表示されます。


Valheimという文字の下に「ロビーに招待」があるので、これをクリックします。


あとは招待されたフレンド側で招待を承認すれば、自分のワールドに参加することができます。

メリット・デメリット

メリット

今回紹介したサーバー起動方法のメリットは、とにかく簡単というところですね。


また、Steamが仲介をしてくれているおかげで、プロバイダやルーターの問題でポート開放ができないという方でも特に何も設定変更することなくサーバー起動ができるはずです。


ですのでフレンドのワールドに参加したくなったときは、フレンドに今回の手順を教えてあげるだけで簡単に参加することができます。

デメリット

デメリットは、ホストになる自分がValheimをプレイしてサーバー起動をしている間だけしか、フレンドはその世界に参加することができないというところです。

ただこれはフレンドと一緒にプレイする時間帯をある程度決めておけば良いだけなので、そこまで大きなデメリットではないと思います。

もし自分が寝たり出かけたりしている間も、フレンドがそのワールドでValheimをプレイしたいという場合は、やはり今回とは別の方法で専用サーバー(いわゆるDedicated Server)を用意して常時起動しておく必要があります。

しかし専用サーバーを稼働させておく場合は、ネットワーク経由でのセキュリティリスク対策などサーバー管理の知識をもって問題が起きないように事前に勉強する必要があります。


また、Webブラウザ経由でより簡易に専用サーバーの管理ができる「G-Portal」という有料サービスのサイトも存在しています。

こちらは、サーバーロケーションで「Japan(Tokyo)」を選択した場合は、現在のところ30日間10スロットで2,010円の費用がかかるようです。

サーバー管理の知識はあまりないけど資金はあるという方は、こちらのサービス利用を検討してみても良いかもしれません。

コメント 疑問や感想など

タイトルとURLをコピーしました